借金返済できない人の体験談まとめ

やまない雨はなく、借金生活にも晴れ間が来ますように。

借金ブログの2つの特徴と向いている5つのタイプ

更新日:

借金ブログを書いているブロガーは、気軽に「私のブログを見て」と友人に言いずらい面もあり、SNSでの拡散もしずらい赤裸々な内容です。

それでもメインテーマを借金返済としてブログを始める理由や動機・・・

目的は第一に自戒、次に完済までのモチベーション維持だと思います。

そんな中、借金ブログの2つの大きな特徴とブロガーの思考。

借金ブログを書くことに向いている5つのタイプを、自分の体験を顧みながら挙げてみたいと思います。

借金ブログの特徴(1)

成人であれば借金経験された方も多いと思いますし、ゆう子が借金返済に取り組んでいる為替取引も借金を抱えている方も多いようです、って他人事のように書いていますが私です。。汗

(どっちでもいいですけど、正しくは為替取引で借金をしたではなく、為替取引で借金を返済しつつあるです。)

とにかくこんなブログを読んで、親しくしてくださるわけですから、類は類を呼ぶという感じです。

借金ブログの一番の特徴は、借金苦な人が書いてるブログということです。

当たり前といえば当たり前で、住宅ローンや車のローンなどで家計が圧迫してる方も大変さはあると思いますけど、普通そういうのは計画的な借金返済プランですので、そういう人は借金苦というよりは生活苦となりますので、借金をテーマにしたブログを書こうとは思いません。

借金ブログは、言うなれば返済苦ブログのほうが、ニュアンスが近いと思います。

借金ブログの特徴(2)

計画的な返済プランが崩れたという方は稀です。

ある日、突然保証人になっていて債務が回ってきた系の人も借金苦ではあるのですけど、そういう方は他人の借金の保証人になれるだけの信用のある人ですので、借金ブログの中では通勤時の労災のような存在です(笑)

借金ブログの2番目の特徴は、お金に失敗した体験談ブログです。

最初から返済の見込みのない借金をする人はいないので(そんな人に貸さないです。。笑)
どこかで歯車が狂ったり心の咎が外れたりの原因で、身の丈を超えた借金を重ねてしまう失敗をした人(多重債務者)のブログです。

借金ブログでの、お金に失敗した原因。

・ギャンブル借金(パチンコ・パチスロ・競馬など公営ギャンブル)
・株やFXなどの投資の失敗
・買い物依存症など、カード決済の使いすぎ
・高級クラブなどの飲み代

中にはフルコースでガッツリと借金を背負いこむケースもあります。

多重債務者の借金理由。

多重債務者の借金理由










出典:国民生活センター

借金ブログの場合の理由は、ギャンブルを含めて、ほぼ浪費です。
かくいう、私も該当するわけですが。。

そんな借金ブロガーの思考。

借金ブログだって多くの人に読まれたい!

友達にも見せれないような赤裸々な内容にも関わらず、一応ブログですので普通のブロガーと同じよう、多くの人に読まれたいと思っています。
少なくとも、誰かに(心の叫びを)気づいて欲しいと思っています。

その為に、借金ブログランキングサイトに登録したりもします。

借金に悩んでいる人の思考は似たパターンです。

借金ブログをまとめて読みたいなら、にほんブログ村などのランキングサイトとアメーバー借金ランキングを覗きますと、だいたいの借金地獄、借金まみれなブログを見れます。

ブログの構成は、まず最初に借金を背負った原因が書かれ、次に借金総額と毎月の返済額。
その毎月の返済のやり繰りが、普通一般のブログの日記の部分で、ストーリーも「返済のためのキャッシングや金策、予定外の出費」などがある中で、何とか毎月の返済を乗り切っていくというものが多いです。

その乗り切る過程の中に、新規借り入れ(借金増)があったり、家族に内緒がバレそうになるや、夫婦喧嘩(離婚騒動)や、何故か襲ってくる歯痛による歯科治療費、5月には自動車税の支払い、寂しいクリスマスプレゼントに、お年玉を渡せなかったなどが織り交ぜられて、その対処の仕方もビックリするほど似たような思考パターンです。

借金ブログのブロガー思考

問題解決思考は人並みです。

借金ブロガーの、そんな不本意な事態(歯痛も自動車税も不本意と思っています。。笑)の対処の仕方は似ています。

それは目先の難題を、あたかも普通にどうにか解決しようとするのです。。
世間一般の人と同じ思考です。

ただひとつ違うのは世間一般の人が難なくお金で解決できることが、借金ブロガーはお金がないために、人並みに解決させられない点です。

そういった不自由感が度々重なると、借金が原因の精神的圧迫こそが借金苦と考えて、生活や人生そのものに後悔して落ち込みます。
そして、借金苦から解放されるには完済しかしないと、折れそうな心を奮い立たせ、気がつけば堂々巡りをしています。

散々使いまくったのに、涙目で「お金さえあれば」と問題解決をお金がないことに帰結させます。

そういった似た内容のブログになりがちです。。

それでは、どんな人が借金ブロガーに向いているか・・・

借金ブログに向いてるタイプ(1)

大前提として借金、または借金苦の体験があることですが、1年365日、毎日が返済日という人もいないでしょうし、そう毎日金策に奔走している人もいないと思いますし、そこまでお金に忙しい人は、ブログをする余裕さえないと思います(ある意味本当の借金苦の人です)ので、現状や現実と向き合える冷静さや気持ちの余裕が残っている人です。

余談になりますが、借金ブログを終える時(卒業といいます)は、借金完済した時か現実の借金に首が回らなくなりブログどころではない(ある意味本当の借金苦)となった時です。

借金ブログに向いてるタイプ(2)

お金に失敗したと自覚がありながら、同じ過ちをして借金の減らない人。

世間一般で、いわゆるダメな人、クズの部類なのですが、借金ブログの特徴としてそういう自覚のある人は、共感を持たれる傾向になります。
ただそれは、お金の面に対してだらしない、管理ができないであって、人間としては良い人でなくてはなりません。

行動や性根までもがクズな人はドン引きされてしまいます。
誰にも言えない痛みを分かって!とブログを書いていながらも、借金同士からも呆れられてしまいます。

悪い人じゃないけど弱い人程度のダメさ加減を天性として備えている人です。
(ゆう子は、借金ブロガーの逸材と呼んでいます。。笑)

借金ブログに向いてるタイプ(3)

コツコツさりげなく借金感覚を書いていける人。

借金自体が「借りる使うは一瞬、返済はコツコツ」ですので、ブログもコツコツと借金感覚を書いていける人が向いています。

借金は悪いことではないですが誇れるものでもないので、持論に徹しないでさりげなく成功談や失敗談で間接的なアドバイスやコツが含まれていると「借金生活あるある」になって、また読みたいとなると思います。

読者は借金のある人が、ほとんどですけど、他人のブログを読む時は自分の借金を棚上げして読みます。。笑

そして持論を突きつけられて思うのです、そういうことは、ちゃんとお金を返してから言おうね、と。。

その、他人にさりげなく気づかせる思慮深さがあれば多重債務に陥ってはいないと思いますが。。

借金ブログに向いてるタイプ(4)

苦難、不幸を呼び込みやすい人。

一難去ってまた一難は、借金持ちの宿命なのですけど、やることなすこと貧乏クジを引いてしまう星の下に産まれたような、頑張っても好転しにくいタイプの人が向いています。

ただ、あまりにも不幸続き「よくそれで生きていられるね」と思われるほど、不自然なまでの災難続き、例えば交通事故で入院中に会社がクビになり、離婚して慰謝料も背負ったそんな時に借金取りが現れるとかとなると、ブログ書いてる場合じゃなくて、法律相談は何かに行ったほうが思われてしまいます。。

それはそれでストーリーを多少盛っていたとしても、続きを読みたくなるのですけど、盛った分はブーメランで返ってくると思っています(笑)

借金ブログに向いてるタイプ(5)まとめ

借金に関わらず、お金やキャッシングのブログサイトを書いている人は、独特の鋭い視点をもっていると思いますので、救いようのない人(ブロガー)は読まれないのが借金ブログの特徴でもあると思います。

ストーリーや展開も大事と思いますが、究極的には一般ブログと同じで、どんなブロガーが書いているのか?と、行間までもが読まれるものが借金ブログだと思います。

借金という恥ずかしいことを綴るブログですけど、最終的には「借金ブログ」が一人歩きして、その過去も知りたいとなると返済意欲も高まるのかなと思います。

-借金返済ブログ体験談
-

Copyright© 借金返済できない人の体験談まとめ , 2017 AllRights Reserved.