借金返済できない人の体験談まとめ

やまない雨はなく、借金生活にも晴れ間が来ますように。

(子供の)貧困女子だった乃木坂46の橋本奈々未の引退は美談演出か

更新日:

(子供の)貧困女子だった乃木坂46の橋本奈々未の引退は美談演出か

11月6日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜午前10時)が、フリーアナウンサーの古館伊知郎をコメンテーターに迎えていましたので、何の気なしに見ていました。

ワイドナショー引用:http://www.fujitv.co.jp/widna-show/

独特の切り口で語られるコメントに、「あぁそういう見方もあるのか」と関心しました。

中でも興味深く見入ったのが、乃木坂46の橋本奈々未の引退に関するディスカッションでした。

スポンサーリンク

(子供の)貧困女子だった乃木坂46の橋本奈々未の引退は美談演出か。

乃木坂46の橋本奈々未の引退引用:http://headlines.yahoo.co.jp/

乃木坂46の御三家ともいわれる橋本奈々未さんの芸能界引退理由に、古館伊知郎や松本人志が、いわゆるAKB卒業の時のような秋元プロデューサーの演出を感じるというコメントが発言されていました。

また松本人志も人気絶頂のアイドルが芸能界引退に、「それもアリだけど」といった感じで、やはり驚いている様子でした。

またその引退理由を聞いて「なんか美談にしとる」とも・・・

乃木坂46の橋本奈々未の芸能界引退の理由。

橋本奈々未いわく、芸能界に入る(オーディションを受けた)ことは、アイドルになりたくてではなく、当時のおにぎり1個の生活苦(子供の)貧困女子から抜け出したくてという、完全にお金のためにアイドルになったとのことです。

そのお金も、弟の学費の応援するためであり、そのメドがついた今(もともと不向きな芸能界なので他の仕事をしたい)引退を決意しましたというものです。

また番組では、橋本奈々未の親からの手紙も紹介されて、そこには「今までごめんね・・・」と書かれていました。

引退への流れは美談演出なのでしょうか。

古館伊知郎がこの問題の本質に切り込んでいました。

構造的な相対的貧困の問題の中で、子供の貧困問題という現実と、弟の学費を捻出するための芸能活動だったことを挙げて奨学金問題もコメントされていました。

おにぎり1個の生活からアイドルとなった貧困女子の橋本奈々未は、その目的を果たし職業選択の自由を選び人生の選択肢も掴んだわけですが、その引退報道が「美談仕立てではないか」、「演出がかってないか」と、ユーモラスに社会問題を絡めた斜め目線で語られました。

貧困女子が貧困を抜け出すには人の支えが不可欠と思いますので・・・

橋本奈々未が乃木坂46でチャンスを掴み、ファンやメンバーや関係スタッフの支えがあって、おにぎり1個の生活苦から脱出もできて、自分の目標でもあった弟の学費もメドをつけることができたのであれば、報道がどんなに「美談仕立」でも「演出がかって」いるものでも、現実の貧困を抜け出すことは大変なことですので、それに成功したのですから、いくらでもオーバーアクションで構わないと思いました。

橋本奈々未への大人の思惑と親心。

古館伊知郎や松本人志が「本当かなぁ~」と、不思議がりながらも真剣に受け止めるコメントの中で「どうしてもそこに美談演出を感じる」と言うくだりが最後までありました。

その中でも古館伊知郎は、問題の本質の(子供の)貧困女子問題に触れながらも、職業として働く意味は「自分だけの分を働くだけではなく、人の為にも働くことができて一人前」ということもコメントされていて感銘を受ける部分でもありました(難しいことですけど。。)

橋本奈々未への次の夢(仕事)に対するエールだったように思いました。

美談演出もプロデューサーの親心なのでは。

そう考えますと、誰しもが「がんばれ橋本奈々未!」と送り出すのが大人の対応とするならば、古館伊知郎や松本人志が「本当かな~演出美談を感じる」と思うことも、折込済みで美談演出も、これまで育ててきたプロデューサーの親心のように感じました。

私も子供の貧困、貧困女子でしたので大変関心あるニュースとコメンテーターそれぞれの思惑と意見でした。

-借金ゆう子情報
-

Copyright© 借金返済できない人の体験談まとめ , 2017 AllRights Reserved.